3月の新刊

〔図書名〕 〔対象・著者〕 内容
川上 弘美 ある日突然この世に現れた某。お金も身分証明もない。途方にくれ入院し人間になりすまし生活する
悪 寒 伊岡  瞬 憎んでいた上司が殺された。犯人は自分の妻だった。絶望の先にあるのは愛かそれとも…
58歳から日々を大切に小さく暮らす ショコラ 60歳の時に始めたブログが月間60万PV。老前整理の物の処分、12万の収入でやりくり
I(アイ)の悲劇 米澤 穂信 一度死んだ村に人を呼び戻す。それが「甦り課」の使命、日々移住者達のトラブルを解決
熱 源 川越 宗一 第162回直木賞。明治維新後樺太のアイヌに何が起こったか、時代の変化に翻弄される人々を描く

    

  

 

2月の新刊

〔図書名〕 〔対象・著者〕 内容
デトロイト美術館の奇跡 原田 マハ 美術館の売却危機、守るべきは市民の生活か、誇りか。実話をもとに描く感動のアート小説
背中の蜘蛛 誉田 哲也 池袋での刺殺体、新木場での爆殺傷事件。捜査は難航、解明には「あること」が転換点に
黒武御神火御殿 宮部みゆき 「そなたの罪を告白せい」怖ろしくも愛おしい極めつきの怪異と不思議。心揺さぶる江戸怪談四話
約束された移動 小川 洋子 書棚の秘密を握るハリウッド俳優Bと客室係。“移動する”六篇の物語

 

 

 

   

 

 

1月の新刊

〔図書名〕 〔対象・著者〕 内容
文豪たちの悪口本 彩図社文芸部 文豪たちの印象的な悪口エピソード。悪口から見る文豪たちの魅力
僕はイエローでホワイトで、ちょっとブルー ブレイディみかこ 英国の元底辺中学校での日常を描く、落涙必至の等身大ノンフィクション
永遠に刻みたいイチロー262のメッセージ ぴあ編集委員会 あなたの力になる2013~2019年のイチロー珠玉のメッセージ262本を収録
ライオンのおやつ 小川  糸 人生の最後に食べたいおやつはなんですか?毎日をもっと大切にしたくなる物語
錯    迷 堂場 瞬一 県警エリートに下された密命は警察署への潜入捜査、トップの孤独と葛藤を描く

     

  

12月の新刊

〔図書名〕 〔対象・著者〕 内容
罪 の 轍 奥田 英朗 刑事たちの執念の捜査×容疑者の壮絶な孤独。犯罪小説の最高峰
ツナグー想い人の心得 辻村 深月 もう一度だけ亡くなった人に会えるとしたら・・後悔を抱えて生きる人の心を繋ぐ使者の物語
夫のトリセツ 黒川伊保子 日本中の夫と妻に大反響を巻き起こしてる「妻のトリセツ」腹立たしい夫を見捨てる前にこの一冊
どうしても生きてる 朝井 リョウ 現代の声なき声を掬いとりほのかな光を灯す至高の傑作(六短編集)

  

  

11月の新刊

〔図書名〕 〔対象・著者〕 内容
夢見る帝国図書館 中島 京子 明治に出来た日本初の図書館と戦後を生きた喜和子さん、ふたつの物語は平成でひとつに
落 日 湊 かなえ 15年前の殺害事件をきっかけに描かれる、絶望の深淵を見た人々の祈りと再生の物語
夏の騎士 百田 尚樹 あの夏僕は人生で最も大切な「勇気」を手に入れた。勇気ーそれは人生を切り拓く剣だ
祝祭と予感 恩田  陸 「蜜蜂と遠雷」スピンオフ短編集。全6編。「鈴蘭と階段」「春と修羅」「伝説と予感」他